一覧へ戻る

自転車に乗るのがもっと楽しくなる!サイクロコンピュータ選び

p1-img01.jpg

そもそもサイクロコンピュータって必要?

ロードバイクやクロスバイクなどの自転車に興味を持っている方なら、サイクロコンピュータ、サイコン、メーターといった言葉を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?簡単に言うと、自転車に取り付けられて、走行時の速度や自転車で走った距離などを計れる機器のことです。とはいえ、サイクリングを楽しむうえで、サイクロコンピュータは絶対に必要なものでしょうか?答えはノー!

けれど購入する人が後を絶たず、自転車乗りなら手に入れたいアイテムになっているのはなぜでしょう?
それはサイクロコンピュータがあれば毎日決まったコースを走るサイクリングでもマンネリ化せず、目的や目標を持ててもっと楽しく、もっと充実した自転車ライフを楽しむことができるからです!

サイクロコンピュータって何ができるの?

今、サイクロコンピュータはたくさんのメーカーからいろいろな種類が販売されていますよね。価格や機能も幅広く、「一体どれを購入すればいいの?」と言う人も多いはず。ではまず、ほぼ全ての機種に共通で搭載されている基本の機能をチェックしていきましょう。

p1-img02.jpg

走行速度:今どれくらいのスピードで走っているのかが、数字で見えてやる気がアップ!

走行中の速度を表示する、サイクロコンピュータのメイン機能です。
※キャットアイ製品では、km/hかmph(速度の単位)アイコンで表示。

「おぉ、今日は調子がいいぞ」といった自分の感覚ではなく、数値で速いのか遅いのかを一目で把握できます。「今日は昨日よりスピードを出せた!」という"見える数値"でグーンとやる気がアップ。また長距離を走る際に、「最初から飛ばし過ぎているから、ちょっとゆっくりめで行こう」など、スピードの調整やペース配分がしやすくなるんです!

cc_spd.jpg

最高速度:さっきは何キロ出てた!? 最高速度を知る快感がヤミツキに!

自転車乗りなら必ず気になるのが最高速度ですよね♪サイクロコンピュータでは、(データをリセットした後)計測開始から今までに走った区間の中で、一番速かった時の速度が残るので、俄然やる気につながります。
※キャットアイ製品では、MX(Maxの略)アイコンで表示。

走行中にサイクロコンピュータの画面をじっと見ることは難しく、むしろそれをしてしまうと危険ですが、「あの時、どれぐらいだったのかなぁ?」と止まった時に振りかえられるので、休憩時の楽しみになりますよ♪

cc_mx.jpg

平均速度:ここを走って、あそこを通って...。サイクリング計画が立てやすく!

平均速度とは、(データをリセットした後)計測開始からその時点までに走った区間の速度の平均値です。信号待ち等で停車している間は含みませんが、走り出しや停止前の低速時も含めて表示してくれます。
※キャットアイ製品では、AV(Averageの略)アイコンで表示。

平均速度が分かると、目的地までの距離と合わせておおよその所要時間を計算できますよね。例えば「今日は3時間あるから、ここで折返して美味しいモノを食べて、この道から帰ってこよう」といった計画を立てやすくなり、より充実したサイクリングに!

また平均速度が15km/hだった人が、例えば20km/hまで上がったら、それは自分の能力が向上しているということですよね。「もっと平均速度を上げたい」と、こちらも見える数値がモチベーションを刺激してくれるはずです。

cc_av.jpg

走行距離:もうちょっと走る?それとも休む?ペース配分にお役立ち

サイクリング時に目的地まであと何kmかが分かると「まだ距離があるから抑えとこう」というようにペース配分がしやすくなるというもの。走行距離は、(データをリセットした後)計測開始からその時点までに走った距離を示してくれます。
※キャットアイ製品では、DST(Distanceの略)アイコンで表示。

1日に走れる距離がわかると、「次はもうちょっと遠くまで出かけてみようかな」とサイクリングの計画を立てやすくなりますね。また、同じ目的地でも「ルートを変えるとどのぐらいの距離が違うのかな」など数値で比較することができるので、いろんな道にチャレンジしたくなります。

またこの走行距離を見て「あぁこんなに走ったんだなぁ」と達成感を味わえます。どんどん自分の体力が上がってくるのが目に見えると、大きな励みにも!

cc_dst.jpg

走行時間:走った時間だけを計れる便利な機能♪

走行時間は、(データをリセットした後)計測開始からその時点までに走った時間を表示しています。車輪が回っているときのみカウントするので、信号待ち等で停止している時間は含まれません。走行距離と同じですね。
※キャットアイ製品では、TM(Timeの略)アイコンで表示。

行きにかかった走行時間を確認することで、帰るタイミングやルートを判断する目安になります。また自転車通勤で遅刻しないためにも、走行時間を把握しておくことは大切ですよ。

cc_tm.jpg

積算距離:トータルでこんなに走ったんだ!積み重ねが達成感につながる総走行距離

サイクロコンピュータをセットして計測開始!そこから今までに走った総走行距離を表示する機能です。
※キャットアイ製品では、ODO(Odometerの略)アイコンで表示。

忙しい毎日で、定期的に長距離を走る時間が取れない人などは、月間、年間などの単位で、目標の走行距離を決めて走っている人も多いはず。そんな時にはこの積算距離の確認が役に立ちます。

「一年でこんなに走ったんだ!」と頑張った記録が達成感にもつながるので、「来年は●kmまで行くぞ!」と新たな目標立てにも使えます!

cc_odo.jpg

時刻:スマホを取り出すことなく、時間をチェック!

最近は腕時計を付けずに、スマートフォンで時間を確認する人も多いですが、サイクリング時にそれをしては危険ですし、時間のロスにもつながりますよね。

サイクロコンピュータがあれば、走行時の現在時刻を表示してくれますから安心です。「今、何時だろう。(決まった時間に)間に合うかな」といった普段使いから、サイクリング計画に入れた「お目当てのレストランのランチタイムに間に合うか」「日没まであと何時間か」といったときに役立ちます。

cc_jikoku.jpg

これらの基本機能はキャットアイのサイクロコンピュータのどのモデルにも入っています。走行距離や速度、時間など、数値が"見える化"されたサイクロコンピュータをつけることで、自転車に乗る楽しさも増すこと間違いありません。あなたの自転車ライフを変えてくれるはずです!

キャットアイの最新情報をお届けします。

メルマガ登録

SOCIAL MEDIA

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram

安全商品

  • facebook